看護師が高収入・高給料を得られる職場とは?徹底的に調べてみた!

看護師高収入

このページは、「看護師が高収入・高給料を得られる職場について紹介しています。

 

💡手っ取り早く高収入を得られる職場を知りたい看護師さんは、看護のお仕事に登録!

コンサルタントがピッタリの求人を探してくれるのでラクラク!

看護のお仕事

転職ならココ!(年収アップを目指せる

コンサルタントの満足度No.1!全国対応で各地域ごとに専任のキャリアコンサルタントを配置しているので、地域ごとの特色や転職事情などの情報も豊富。また難しい給与交渉もばっちり


対応地域:全国

就業形態:常勤・日勤常勤

»看護のお仕事

 

看護師が高収入・高給料を得るためには?

一般的に他の職種と比較しても看護師は高収入・高給料だと言われています。

例えば、看護師の所得は以下のとおりです。

月額給与年間賞与等
看護師(男性)342,400円829,100円
看護師(女性)330,700円826,600円
准看護師(女性)281,200円646,000円
看護補助者(男性)223,000円489,100円
看護補助者(女性)205,700円445,600円

賃金構造基本統計調査 2016年度より作成)

 

ここから、平均年収を算出すると以下のようになります。

男性看護師の平均年収=4,937,900円

女性看護師の平均年収=4,795,000円

となります。

 

一方で民間企業の平均年収は以下の通りです。

男性の平均年収=5,211,000円

女性の平均年収=2,797,000円

平成28年分 民間給与実態統計調査より引用)

 

企業規模や職員数などが異なるため一概には比較できませんが、上記のデータから女性看護師のお給料は一般的な職種と比較して高いことが分かります。

 

最近では男性看護師も増えてきましたが、まだまだ女性看護師のほうが多い状況です。

そのため主任や師長などの管理職も必然的に女性が多くなり、平均年収を引き上げていると考えられます。

 

上記から、看護師は他の職種と比較して高収入・高給料の傾向にあるといえます。

 

看護師がさらに高収入・高給料を得られる職場を探すためには?

看護師高収入

お給料が高いと言われているけれど、飲み会やエステなどでついつい出費が・・・

職業柄、普段の生活でもタクシーを使ってしまってなかなか貯金ができない・・・

このように感じている看護師さんも少なくありません。

 

お給料を上げたい!!!(心の声)

 

ではここから、看護師がお給料を上げる方法について考えていきましょう。

 

高収入・高給料を得る方法は、一つではありません。

資格を取得する、管理職に就く、転職するなど様々な方法が考えられます。

 

では、「お給料を上げるためにはどの方法がいいのか?」を考える前に、まずは看護師の給与体系について見ていきたいと思います。

下の表は、東京医科大学病院の給与体系です。

 

一見すると、何の変哲もない給与体系ですが、お給料を上げるためにはいくつか注目すべきポイントがあります。

 

看護師の給料の内訳

給料 ☜ここに注目看護師(4年制)・・・214,300円
看護師(3年制)・・・208,800円
看護師(2年制)・・・205,500円
賞与 ☜ここに注目年2回支給
昇給年1回
退職金あり
手当 ☜ここに注目夜勤手当:1回につき 9,200+夜勤手当(22時〜5時)
病棟勤務手当:夜勤1ヶ月3回以上の者 4,000円
病棟看護手当:3,000円
特殊勤務手当:(専門看護師 6,000円、認定看護師 3,000円)
通勤手当:限度額 50,000円
住居手当:限度額 23,000円

 

まず、看護師のお給料は以下のような仕組みだということを頭にいれておきましょう。

 

看護師のお給料=基本給+諸手当+賞与

 

つまり、基本給・諸手当・賞与のいずれかを増やすことができれば必然的にお給料UPにつながります

 

一見すると当たり前の事柄に思えますが、上記について考えたことがある看護師さんは意外と少ないのではないでしょうか。

では具体的にお給料UPについて考えていきましょう。

 

ゆうた
やっと、お給料UPについて教えてもらえる!ここまでが意外と長かったなぁ💦
先生
はぁ~、まったくゆうたはせっかちなんだから!

 

スキルアップする

看護師高収入

まず最初に考えられるのが手当の支給額を上げることです。

ひとくちに手当といっても様々な手当てがあります。

例えば東京医科大学病院では、夜勤手当や通勤手当に加えて住居手当や病棟看護手当などが支給されます。

 

クリニックや診療所と比較すると大学病院など規模の大きな病院のほうが、比較的手当の種類や支給額が多いです。

また寮や保育所が併設されているなど福利厚生面も充実しています。

手当夜勤手当:1回につき 9,200+夜勤手当(22時〜5時)
病棟勤務手当:夜勤1ヶ月3回以上の者 4,000円
病棟看護手当:3,000円
特殊勤務手当:(専門看護師 6,000円、認定看護師 3,000円) ☜ここに注目
通勤手当:限度額 50,000円
住居手当:限度額 23,000円

 

ここで、特殊勤務手当に注目してみましょう。

 

特殊勤務手当とは専門看護師や認定看護師の資格をもち、それを生かした仕事をする場合に支給される手当です。

一般的には資格手当という名称のほうが馴染みがあるかもしれません。

 

ほかにもお給料UPにつながる様々な資格があるので、みていきましょう。

専門看護師

専門看護師とは、日本看護協会の専門看護師認定資格に合格した、特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有すると認められた看護師です。

 

 

専門看護師には、以下の13分野があります。

がん看護、精神看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援、在宅看護、遺伝看護、災害看護

 

専門看護師の資格を取得するためには、「看護師として5年以上の実践経験を持ち、看護系の大学院で修士課程を修了して所定の単位を取得すること」が必要になってきます。

 

また専門看護師としてのレベルを維持するため、研究成果・看護実績などをまとめて5年ごとに更新試験を受ける必要があります。

 

専門看護師は病院などに加えて大学等の教育の現場や訪問看護ステーションでも活躍することができ、2017年12月の時点で2,104人の専門看護師が全国で活動しています。

 

ちなみに専門看護師手当は5,000円から10,000円が相場となっており、なかには支給されない病院もあります。

 

専門看護師の賃金処遇

専門看護師の賃金処遇

(参考:看護職の賃金の実態

 

認定看護師

認定看護師とは、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護を実践できる看護師です。

 

認定看護師には、以下の21分野があります。

救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護

 

認定看護師の資格を取得するためには、「5年以上の実務経験と看護系大学や日本看護協会などの教育機関が開港している認定看護師過程を修了すること」が必要になってきます。

 

また、専門看護師と同様に5年に1回の更新審査があります。

 

ちなみに認定看護師手当は5,000円~30,000円と幅が大きくなっており、半数程度の病院が手当を支給していないのが現状です。

 

認定看護師の賃金処遇

認定看護師の賃金処遇

(参考:看護職の賃金の実態

僕の友達も専門看護師の資格をもっているけど、手当が支給されないって嘆いてたなぁ・・・
この調査によると、専門看護師は61.4%、認定看護師は54.8%の看護師が手当を支給されていないんだね。
ちなみに、それぞれの施設で最も高い手当額の平均は専門看護師10,832円、認定看護師9,773円だよ!
専門看護師・認定看護師はスペシャリストだから、資格を活かして働くなら手当が支給される病院がいいね!

 

助産師

看護師資格と同時に保健師の資格を取得している看護師さんは多いですが、助産師の資格となると案外少ないです。

 

職種別の給料

(参考:看護職員実態調査

 

実は助産師の給料は保健師を上回っています。

このデータでは看護師のお給料と比較して、月に25,000円ほど多くもらうことができます

 

もちろん看護師と助産師は仕事内容が異なりますが、助産師も同じ看護職であるため、これまでの知識や経験も活かすことができる職種です。

 

助産師になるためには、「看護師免許を取得したうえで、1年以上学校に通って必要な科目を取ること」が必須です。

 

1年間で学ぶことができる「大学や短大の専攻科」や2年間かけて学ぶ「大学院」などがあります。

 

保健師

看護師の資格と同時に保健師の資格も同時に取得している場合が多いです。

もし看護師資格しかもっていない場合、保健師になるためには「看護師資格に加えて大学院や専門学校で1年以上の過程を修了すること」になります。

 

管理職を目指す

主任や看護部長・師長などの管理職になれば、同時にお給料も自然と上がります

 

役職ごとの給料

(参考:看護職の賃金の実態

実際に看護師長になると、月に47,000円ほどお給料UPが望めることがこのデータから分かります。

 

しかし主任、師長、部長と役職が上がるにしたがって、ポストが少なくなり役職につくのが狭き門になります。

 

実際に下記データを見てみると、能力評価・上司からの推薦に次いで、ポストの空きが重要だということが分かります。

 

昇進の条件

昇進の条件

(参考:看護職の賃金の実態

 

そのため、昇進によるお給料UPは難しいことが分かります。

 

転職する

転職はお給料を上げるために最も手っ取り早い方法です。

看護師として働いていく上で資格取得などのスキルアップはもちろん大切ですが、「お給料を上げる」ということに焦点を当てると、転職が一番おすすめです。

 

しかし、ただやみくもに求人を探せばよいわけではありません。

高給与の求人を探すために大切なのは

 

(1)働く場所

(2)病院の規模

 

です。

 

地域ごとにこんなに違うお給料!

転職を考える際には働く場所を選ぶことが大切です。

というのも、地域ごとにお給料の差がこんなにもあるから。

 

以下は地域ごとの平均給与です。

北海道333,300円滋賀335,600円
青森294,600円京都334,700円
岩手293,000円大阪351,300円
宮城317,000円兵庫338,300円
秋田333,500円奈良348,300円
山形300,100円和歌山330,100円
福島285,100円鳥取308,600円
茨城341,000円島根319,000円
栃木350,800円岡山328,000円
群馬309,500円広島330,400円
埼玉330,800円山口337,700円
千葉329,300円徳島321,000円
東京都364,200円香川314,800円
神奈川365,300円愛媛320,300円
新潟317,900円高知314,900円
富山320,300円福岡304,100円
石川336,700円佐賀280,000円
福井311,500円長崎300,300円
山梨341,300円熊本296,200円
長野333,100円大分305,200円
岐阜330,200円宮崎295,800円
静岡326,400円鹿児島286,400円
愛知339,000円沖縄280,300円
三重329,100円

賃金構造基本統計調査 2016年度より作成 ※女性看護師の場合)

 

やはり、東京都や神奈川県といった都市部のほうが地方よりもお給料が高いことが分かります。

住み慣れた土地を離れるのは不安ではありますが、地方で働いている看護師さんは一度都市部で働いてみてもよいかもしれません。

 

お給料を上げるためには、病院の規模が大切!

転職でお給料を上げるためには、働く場所に加えて病院の規模が大切です。

以下のデータでは、概ね病床数=病院の規模に比例してお給料が上がっていることが分かります

500床以上280,540円
400~499床253,910円
300~399床272,900円
200~299床271,600円
100~199床270,300円
90床以下265,600円

(参考:看護職の賃金水準データ

また同じ大学病院で働くにしても、私立大学と国立大学ではお給料が大きく異なります。

以下は設置主体ごとの給料の金額です。

 

設置主体別の給与額

私立学校法人(私立大学)291,760円
公益法人275,206円
医療法人・個人271,550円
公的医療機関(日本赤十字・済生会など)269,960円
国(国立大学など)269,400円
公立等(公立大学など)265,881円

(参考:看護職の賃金水準データ

これらのデータから、看護師が高収入・高給料を得られる職場を目指すなら、都会の私立大学病院で働くのが一番の近道だということが分かります。

 

ちなみに、基本給が高い病院はボーナスも高くなっています。

というのは、ボーナスの支給額は基本給の4か月分であることが多いからです。

冬のボーナスが入ったー!何買おうかな?あっ、パソコンが欲しいなぁ。新しいゲームも欲しいし・・・お金足りないなぁ・・・そうだ、サンタさんにお願いしよーっと!
まっ、まさかその年齢でサンタさんを信じている!?

 

番外編=国際看護師を目指す

看護師高収入国際看護師とは、海外の医療機関で働く日本人看護師を指します。

主にアメリカ、イギリス、オーストラリアで活躍しています。

 

アメリカの看護師の平均給与は$67,930(日本円で700万円程度)、イギリスの看護師の平均給与は£23,319(日本円で350万円程度)、オーストラリアの看護師の平均給与はAUS$65,000(日本円で500万円程度)となっています。

 

国際看護師の最大のメリットは休暇が取りやすく、福利厚生も充実しているためワークライフバランスが保ちやすい点です。

 

高収入・高給料を得られる職場を目指すなら、看護師転職サイトの利用がおすすめ

 

「看護のお仕事」と「医療ワーカー」に登録をすると、お給料や休日日数など待遇面での交渉が有利になるなどメリットが豊富!

 

転職サイトに登録したからといって、必ずしも転職しなければいけないというわけではありません

 

また一般に公開されていない非公開求人の場合でも紹介してもらうことが可能!

看護のお仕事

迷ったらココ!(年収アップを目指せる

コンサルタントの満足度No.1!全国対応で各地域ごとに専任のキャリアコンサルタントを配置しているので、地域ごとの特色や転職事情などの情報も豊富。また難しい給与交渉もばっちり


対応地域:全国

就業形態:常勤・日勤常勤

»看護のお仕事

 

医療ワーカー

内部情報を知りたいならココ

入社後のアフターフォローが手厚いのが魅力!電話・メールだけでなく対面での相談も可能なので初めての方でも安心。また離職率や人間関係など職場の内部情報を教えてくれるため、希望の求人を見つけやすい!


対応地域:全国

就業形態:常勤・非常勤

»医療ワーカー

 

こちらの記事もおすすめ

»看護師が高収入を得られる病院とは?年収1,000万円を目指す方法も!

「仕事内容とお給料が見合っていない!」「仕事のストレスから服やエステなどで散財してしまう!」という看護師さんにピッタリの記事。看護師が高収入を得られる病院の特徴を紹介。

»看護師が高収入のバイトを探す方法とは?おすすめのバイトも紹介!

「高収入のバイトを探したい」という看護師さんに向けて、看護師の経験を活かせるおすすめのバイトを紹介!それぞれのバイトについても詳しく解説しています。

»お祝い金がもらえる看護師転職サイト3選を徹底比較!

転職サイトを利用したときに貰えるお祝い金について詳しく解説。お祝い金のメリット・デメリットはもちろんのこと、お祝い金を確実に貰うための注意点についても紹介!

»看護師が夜勤なしの職場で働くには?正社員・高待遇の求人の探し方!

「夜勤がしんどい」「夜勤なしの職場で働きたい」と考えている看護師さん向けの記事。夜勤なしの職場で働くメリット・デメリットから、「夜勤なし・正社員」が可能な職場まで幅広く紹介。

タイトルとURLをコピーしました