看護師のモチベーション維持は難しい?やる気を出す方法とは?

看護師モチベーション低下

この記事は、こんな方におすすめ!

看護師として入職したが・・・

仕事へのモチベーションが低下してきている

モチベーションを上げる方法を知りたい

先生
もう、23時だよ!ゆうた、そろそろ寝たほうがいいんじゃないかなぁ?
ゆうた
まだ大丈夫!このドラマが終わってレポート書いてから。
前は、帰ってきたらすぐにその日の復習を終わらせて、課題もこなしていたのに・・・どうしたんだい?
う~ん、実は、最近仕事に慣れてきてモチベーションが低下してきているんだ。頑張らなくちゃいけないのはわかってるんだけど・・・
そんなことじゃ、モチベーションの高い看護師さんに、置いてきぼりにされるよ!
う~ん、・・・はぁ~
仕方ないなぁ。モチベーション低下の原因について、一緒に勉強していこう!

 

看護師のモチベーションとは?

看護師モチベーション低下

働いていると、誰しもモチベーションの上下を経験します。そして看護師の仕事も例外ではありません。

 

看護学校を卒業して働き始めたころは、「念願の看護師になれたという嬉しさ」、そして「患者さんの役に立ちたい」という気持ちからモチベーションは最高潮。

 

特に、新人看護師さんは何もかもが真新しく、新鮮さも相まって、やる気がみなぎっています。

 

しかし、予期せぬアクシデントや夜勤などによる不規則な生活で徐々に疲れが溜まっていき、その結果モチベーションが低下、ついには退職してしまうというケースがあります。

 

また、先輩に怒られながら看護技術の向上のために日々努力を続けていたとしても、自分にはこの仕事が向いていないのではないか、と考えてしまうこともあります。

 

反対に、半年・1年と月日が経つにつれて少しずつ看護師という仕事にも慣れてきて、「このくらいやれば大丈夫だろう」「もう勉強しなくても仕事についていける」と感じるようになり、モチベーションが低下する看護師さんもいます。

 

医療に携わる仕事はストレスが大きく、責任も重いので、長く続ける上ではモチベーションを保つことが大切になってきます。

 

看護師はどんな時にモチベーションが低下するの?

看護師モチベーション低下

仕事に慣れてきた、あるいは壁にぶつかった時に低下するモチベーション。では、具体的に看護師はどんな時にモチベーションが下がっているのでしょう。

 

仕事に飽きてきた

看護師はほかの職種と比べて、日常の変化が大きい仕事です。例を挙げると、患者さんの容態の急変や異動・転科などがあります。

 

それでも長く続けていくうちに、仕事に慣れてきて飽きがきてしまいます。そうすると、自然と仕事に対するモチベーションが低下し、手を抜くようになりがちです。

 

失敗ばかりしている

注射や点滴など看護学校で勉強したはずなのに、なかなかうまくできない。

覚えることが多すぎて、仕事についていけない。

特に新人看護師さんは思い描いていた「理想の看護師像」とのギャップから壁にぶつかった時に、モチベーションが低下しがちです。

 

給料が労働時間に見合っていない

看護師モチベーション低下

これは、ある程度経験を積んだ中堅看護師さんがよく感じている問題です。

様々な業務を経験し、後輩の指導も行っているのにお給料が安い

 

特に、看護学校時代の同期と集まって飲んでいる時にふとお給料の話になり、他人とくらべて「お給料が安い」と感じることが多いようです。

 

自分の意見が反映されない

医療の世界は、日々勉強しなければ、仕事についていけません。そのため、毎月勉強会や委員会が開催されている病院が多いです。

 

しかし、せっかく職場環境を良くしようと思ってせっかく意見を述べても現場に反映されないようでは、モチベーションは下がってしまいます。

 

キャリアアップが望めない

ある程度の期間働くと、自分自身の職場でのポジションや、職場で得られるスキルが分かってくるようになります。

 

そうすると、「この職場では必要なスキルが身につかない」「これ以上今の職場にいても昇進できない」と感じるようになります。

 

看護師はモチベーションを高く保たなくてはいけない?

看護師モチベーション低下

人の命を預かっているため、看護師の仕事は責任重大です。

モチベーションが低下すると、ついつい看護技術の習得が疎かになったり、必要な確認を怠ってしまったりします。

 

そうなると、医療事故につながり、最悪の場合、患者さんの生死にかかわるミスをするという場合も。

そうならないためには、モチベーションを高く保つ必要があるといえます。

 

モチベーションが低下したときに、看護師がとるべき対処法とは?

看護師モチベーション低下

そうはいっても、体調の変化などでどうしてもモチベーションが低下してしまう時があります。

では、看護師さんはどうやってモチベーションを保っているのでしょうか。

患者さんからの感謝の気持ちを書きためる

実は、多くの看護師さんが実践しているこの方法。

やはり、仕事に慣れてきても患者さんからの「ありがとう」の言葉や笑顔は嬉しいものです。しかし、仕事に追われていると、ついついそんな気持ちも忘れてしまいます。

 

モチベーションが低下した時に、書き留めておいたページを見返すと、「今日も頑張ろう!」という気持ちになれます。

 

オンとオフを切り替える

家に帰っても、お風呂に入っている時やベッドの中でもついつい仕事のことを考えていませんか。

 

「今日はこんな失敗をしてしまった」「あのプリセプター、嫌だなぁ」「明日の仕事はこれとこれと・・・」

 

もちろん、仕事について考えることは大切ですが、オン・オフをしっかりと切り替えることも大事です。

 

常に仕事のことを考えていると知らず知らずのうちにストレスが溜まり、モチベーションが低下してしまいます。

 

出来たこと・成功したことにフォーカスを当てる

看護師モチベーション低下仕事について振り返ることは、大切な業務の一つです。

 

しかし、失敗や出来なかったことばかりに焦点を当ててしまい、一人で反省会をするばかりだとせっかくのやる気もなくなってしまいます。

 

小さなことでもいいので、「今日はこれをやろう!」と目標をたてて、失敗したことではなく、成功したことにフォーカスを当てるようにしましょう

 

看護観を振り返ってみる

看護観とは、看護に対する考え方です。

例えば、「患者さんに笑顔で接する」「思いやりの気持ちをもつ」など、人によってさまざまです。

 

看護師になると決意したとき、あるいは入職したときに「こんな看護師になりたい」「こんな看護を患者さんに提供したい」という気持ちがあったのではないでしょうか。

 

少し疲れたな・・・と思う時は、初心にかえって観護観を振り返ってみましょう

 

看護師以外の友人と会う

社会人になると忙しくなって、休みの日は友達と会うよりも家でごろごろしていたいと思う人も少なくありません。

 

しかし、モチベーションが低下した時こそ、友達とあって、ストレスを発散しましょう。その際には、看護師以外の友達と会うことがポイントです。

 

同じ職種だと話も弾みやすく共感しやすいですが、結局はお互いに愚痴をいっておわってしまうことも。

 

もちろん、ストレス発散としてはその方法も有効です。しかし、看護師以外の友達と会うことで、普段と異なる話を聞くことができ、自分自身の状況を客観的にみることができるというメリットがあります。

 

また、友達が頑張っていることを知り、モチベーションが上がることも。

 

積極的に勉強会に参加する

看護師モチベーション低下

最初は緊張していた勉強会も、だんだんと面倒くさいと感じるようになってしまいがち。

特に仕事が忙しいと、休みの日は家でゆっくりしたいのに、勉強会や研修会で憂鬱、なんてことも。

 

モチベーションが低いと、ついつい居眠りをしてしまったり、何度も時計の針をみてしまったり。

 

しかし、「どうして勉強会に参加しているのか」「この勉強会で○○を習得しよう」と目的意識をもつことで、モチベーションを上げることができます。

 

自分へのご褒美を用意する

仕事を頑張った自分にご褒美を与える、という方法もモチベーションが低下した時には有効です。

 

「次のボーナスが入ったらどうしても欲しかったあのバッグを買おう」「今度は、海外へ旅行に行こう」など自分へのご褒美を用意してみましょう。

 

どうしてもモチベーションが上がらない看護師さんは?

看護師モチベーション低下

「どうしても低下したモチベーションが上がらない」という時は、看護師の転職をサポートしているコンサルタントに相談してみましょう。

 

看護師さんの転職を数多くサポートしているため、「モチベーションの保ち方」や「お給料・人間関係の悩み」などについて有効なアドバイスをもらうことができます

 

また、今すぐ転職を考えてない看護師さんも、今後のキャリアを見直すために転職サイトへの登録をおすすめします

 

看護のお仕事

迷ったらココ!(年収アップを目指せる

コンサルタントの満足度No.1!全国対応で各地域ごとに専任のキャリアコンサルタントを配置しているので、地域ごとの特色や転職事情などの情報も豊富。また難しい給与交渉もばっちり


対応地域:全国

就業形態:常勤・日勤常勤

»看護のお仕事

 

医療ワーカー

内部情報を知りたいならココ!

入社後のアフターフォローが手厚いのが魅力!電話・メールだけでなく対面での相談も可能なので初めての方でも安心。また離職率や人間関係など職場の内部情報を教えてくれるため、希望の求人を見つけやすい!


対応地域:全国

就業形態:常勤・非常勤

»医療ワーカー

 

こちらの記事もおすすめ!

»看護師のモチベーションの上げ方についてアンケート調査してみた!

看護師のモチベーションの上げ方について、看護師さんに聞いてみました。

»中堅看護師がモチベーション低下に対して取るべき対処法とは?

働き始めて3~5年の中堅看護師はモチベーションが下がりやすいもの。モチベーション低下に悩む看護師さんに向けた記事。

»看護師の仕事、ストレスの原因は人間関係!解決方法は○○だった!!

ストレスの原因について、徹底解説。人間関係をスムーズにするための方法も!また、「仕事が覚えられない」「セクハラ・パワハラにあっている」というお悩みへの対処法も紹介。

»【看護師アンケート】看護師向いてないと感じた瞬間は?転職する、しない?

看護師として働いていると、一度は「私って看護師に向いてないんじゃないかなぁ・・・」と感じた瞬間があったのではないでしょうか。ではそんな時、ほかの看護師さんはどのように対応したのか?看護師の本音に迫ってみました。

»現役学生から学ぶ、集中力が続かない時の”とっておきの方法”!

集中力を保つ方法を紹介している記事です。「スマホを触ってしまう」「部屋の掃除をしてしまう」など仕事や勉強とは関係のないことに気をとられてしまう方におすすめ!

タイトルとURLをコピーしました