中堅看護師が辛い・辞めたいと感じる理由は?解決策とは?

中堅看護師辛い
この記事は、こんな方におすすめ!

中堅看護師として働いているが・・・

中堅看護師の仕事が辛いと感じている

中堅看護師になって悩みが増えた

ゆうた
よ~し、今日はこのドラマを観て、今週はあの雑誌を読んで・・・
先生
随分と熱心だね。一体どうしたんだい?
うん、実はプリセプターになったから、新人看護師さんとコミュニケーションをとるために最近はやりの雑誌を読んでいるんだ。
なるほど!ゆうたもそろそろ中堅看護師だもんね!
中堅看護師になると、自分の仕事に加えて後輩の指導・教育も業務に含まれるから忙しくなるね。
中堅看護師ってこんなに大変だったのか・・・先輩に感謝しないと!でも中堅看護師になってから悩みが増えて・・・
じゃあ今日は、中堅看護師のお悩みについてみていこう!

中堅看護師の悩みとは?

中堅看護師辛い

看護師として働き始めて数年もすると、徐々に「中堅看護師」と呼ばれる立場になっていきます。

看護師に限らずどのような仕事でも働き始めてすぐは分からないことも多く、毎日必死。

 

先輩に叱られ、時には同僚と愚痴をこぼしながら夜遅くまで復習、復習の連続。

そして休日も復習や研修会などで、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

しかしいつの間にか中堅看護師として扱われるようになり、働き始めた頃と比べると仕事もスムーズに進められるようになります。

 

最初は怒られてばかりで毎日泣いていた人も、中堅看護師となった今ではほとんど注意されなくなったという声も。

 

一方で中堅看護師になると新人看護師の教育を任されたり、会議や研修が多く現場に出られないことも増えていきます。

 

また中堅看護師として今後の自分自身のキャリアに加えて家族や結婚などプライベートな悩みを抱えていることも少なくありません。

この記事では、中堅看護師が辛いと感じる理由とその対処法についてみていきます。

 

今後のキャリアについて

中堅看護師辛い

最初のキャリアは皆横並びで始まりますが、大学病院など大規模な病院では「ジェネラリスト」、「スペシャリスト」「看護管理者」のいずれかから自分自身が目指したいコースを選ぶことが多いです。

 

●ジェネラリストとは・・・その名の通り看護師の仕事において幅広い知識・技能を持つ看護師のことです。

 

●スペシャリストとは・・・専門看護師・認定看護師などの資格を持つ看護師のことです。「がん看護」や「小児救急看護」など特定の分野における知識・技術を有しています。

正社員かつ夜勤なしの職場は意外と多いものです。

»専門看護師になるには?最短で資格取得を目指す方法!

専門看護師とは?役割や活躍できる専門看護分野・資格取得の流れについて。最短で資格を取得できる方法も紹介。

 

●看護管理者とは・・・プリセプターから主任・副主任を経験し、いずれは部長・師長を任される立場です。

 

これまでは目の前の業務に精一杯取り組んでいれば良かったものの、これからは後輩の指導や専門性を高めるための勉強など自分自身の業務+αのことを行わなければなりません。

今後のキャリアについて悩んでいる中堅看護師は?

まずは同僚や先輩からできる限り話を聞いてみましょう。

「自分は絶対にこの道に進む!」という固い意志があったとしても、様々な立場の看護師から話を聞くことは大切です。

 

というのも、実際にその立場に立って仕事をしてみないと分からないことがたくさんあるからです。

 

例えば主任や師長という役職につくと、ベットコントロールやシフトの作成など事務仕事が多くなり、必然的に患者さんと接する機会が少なくなります。

 

一方で、管理者の立場から現場を指揮するため、より幅広い視点から業務に取り組めます。

 

上記はほんの一例ですが、今後のキャリアについて悩んでいる中堅看護師さんは実際に先輩の話を聞いてみることをおすすめします。

 

新人看護師への接し方について

中堅看護師辛い

中堅看護師ともなるとプリセプターを任され、新人看護師を指導する立場になります。

しかし、自分が新人看護師だった頃のことは、記憶の彼方・・・なんていうことも。

 

特に年下の場合はどうやって接してよいか分からず悩んでいる中堅看護師さんも。

具体的には「指導に対して反応がない」「失敗を指摘されるとふてくされる」「挨拶ができない」などが挙げられます。

 

新人看護師への接し方について悩んでいる中堅看護師は?

まずは、笑顔でいることが大切です。

いつもむっつりしていたり、しかめっ面だといざという時も相談しづらい雰囲気になってしまいます。

 

時にはミスが起こった後に、「なんであの時に相談してくれなかったの!?」なんてことも・・

看護師の仕事は人の命を預かっているため、精神的にも体力的にも決して楽なものではありません。

 

連勤や夜勤が続いてなかなか休めない時は、体調不良からイライラしてしまうことも。

しかし、自分が悪いと思ったら躊躇わずに謝ることで、信頼関係を築くことができます。

 

ほかにも、分からない事や悩み事がある場合は積極的に相談にのってあげることが大切です。

 

新人看護師は初めての職場で技術や知識面はもちろんのこと、人間関係など様々な場面でストレスを感じることがあります。

 

近年は看護師を含む医療従事者の不足が大きな問題となっており、なかなか心のケアにまで手が回らないこともあるかもしれませんが、些細なことでも話しかけて相談しやすい雰囲気を作ってあげることが大切です。

 

好かれる先輩看護師、嫌われる先輩看護師とは?

新人看護師から見ると、先輩はやはり怖いものです。

同じような接し方でも立場によって感じ方は全くことなります。

好かれる先輩看護師は、人間関係も円滑で仕事もスムーズに進むことが多いようです。しかし、完璧な人間なんていないもの。

忙しい業務の中で、少しだけでも以下のことを心掛けてみましょう。


📝好かれる先輩とは? 

些細なことでも話しかけてくれる

いつも笑顔で仕事をしている

話しかけやすい

できていない部分をしっかりとフォローしてくれる

悩みなど話をしっかり聞いてくれる

 

📝嫌われる先輩とは?

言葉遣いが荒い

他人の悪口を言う

上から目線で指示をする

自分のペースで物事を進めようとする

怒りっぽい

 

先輩看護師への接し方について

中堅看護師辛い中堅看護師ともなると、徐々に仕事にも人間関係にも慣れてきて先輩の粗が見え始めます。

「ここって、こうじゃないの?」「前言ってたことと話が違う!」なんてことも。

 

中には、「かばってくれず、責任を押し付ける」「自分が知らないと気が済まない」というちょっと困った人も。

 

また主任や副主任などを任されると先輩看護師へ指示しなければならないこともあり、辛い立場に立たされます。

 

先輩看護師への接し方について悩んでいる中堅看護師は?

先輩看護師への接し方について、特に自分の立場が上である場合は低姿勢で接することが理想です。

 

主任や副主任を任されるということはリーダーシップや皆をまとめる力を認められてのこと。自信を持ちましょう!

 

しかし、先輩にしてみれば年下の後輩から指図されるなんて面白くないと思うこともあります。

その時は、「まだまだ分からないことがあるので教えてください!」と相手を立てましょう。

 

また仕事以外で接してからイメージが変わり、仲良くなったという経験談も。

機会をつくって一緒にイベントに参加したりスポーツをするのもおすすめです。

 

医師への接し方について

中堅看護師辛い

スタッフ間のコミュニケーションにおいて、医師への接し方に悩んでいる看護師さんは少なくありません。

 

実際に「すぐに怒鳴って感情的になる」「自己中心的で都合が悪いと逃げる」などの声があります。

ほかにも、「八つ当たりする」「患者さんに無関心」という不満も。

 

医師も看護師も患者さんの幸せ・回復という同じ目標に向けて取り組んでいます。

しかし、仕事の領域や分野が異なることから互いに衝突するという場面もあります。

 

また、医師=指示をする側、看護師=指示を受ける側という構造から主従関係ができてしまい、対等なパートナーとして接することが難しいという事例も少なくありません。

 

医師への接し方について悩んでいる中堅看護師は?

医師に限らずどんなに嫌だと思う相手にも良いところはあります。

仕事で接することが避けられないならば、いっそ良い所に焦点を当ててみましょう

 

・口は悪いけれど技術は確かで周囲のスタッフから信頼されている

・態度が横柄だけれど、知識が豊富

など、相手を認める姿勢が大切です。

 

どうしても見つからない場合は、周囲の同僚や先輩に尋ねてみても良いかもしれません。

 

また仕事以外の飲みにケーションなどを活用してみるのも一つの方法です。

普段は仕事に厳しく、絶えず慌ただしく動いていたとしても、職場では見せない意外な一面があるかもしれません。

 

体力面について

「軽いストレッチで適度に筋肉をのばす軽いストレッチで適度に筋肉をのばす」[モデル:八木彩香]のフリー写真素材を拡大

若い頃は夜勤明けから飲みに行ったり遊びに行ったりしていたけれど、今はそんなことすると仕事に響いてしまう・・・と感じている中堅看護師さんも。

 

そして徐々に夜勤がしんどくなってくるのも、ちょうどこの頃です。

特に中堅看護師は自分の業務に加えて看護研究や後輩の指導、シフト作成まで仕事が多岐に渡ります。

 

また主任や副主任を任された看護師さんは育児・家事など家庭との両立に悩んで仕事を辞めてしまうこともあるのが現状です。

 

一方で腰痛や膝の痛みなど体の不調に悩む中堅看護師さんも少なくありません。

 

体力面について悩んでいる中堅看護師は?

看護師の仕事できついと感じるのは、なんといっても夜勤です。

日勤よりも少ない人数で対応しなければならず、急性期病棟・病院などでは患者さんの容態が変化することも頻繁にあります。

 

また急患が続いた日は十分な休憩も取れず、結局仮眠・食事なしで朝を迎えてしまう、なんてことも。

 

体力面で悩んでいる中堅看護師さんには夜勤のない職場がおすすめです。

 

夜勤のない職場だと収入が減ってしまうかも・・・と不安な看護師さんは下記の記事をチェックしてください。

正社員かつ夜勤なしの職場は意外と多いものです。

»看護師が夜勤なしの職場で働くには?正社員・高待遇の求人の探し方!

「夜勤がしんどい」「夜勤なしの職場で働きたい」と考えている看護師さん向けの記事。夜勤なしの職場で働くメリット・デメリットから、「夜勤なし・正社員」が可能な職場まで幅広く紹介。

»献血ルームの看護師求人は?仕事内容やメリット・デメリットは?

「夜勤がない」「残業が少ない」といったメリットがある献血ルームでの仕事内容を紹介した記事。また献血ルームで働くメリット・デメリットについても解説。さらに献血ルームで働くうえでの注意点についても。

»看護師がクリニックへの転職を成功させる志望動機の例文を紹介!

「クリニックへの転職を考えている」「クリニックに転職する際の志望動機が知りたい」という看護師さんに向けての記事。クリニックでの働き方から、クリニックが求めている人材まで幅広く紹介しています。クリニック転職成功のコツも!

 

家庭と仕事の両立について

中堅看護師辛い

中堅看護師は、結婚や子供についても考える年齢です。

仕事と家庭を両立したいと考えている看護師さんは多いですが、結婚・出産後にこれまでと同じペースで働き続けるのは簡単ではありません。

 

看護師は資格職であるため一度離職したとしても他の職種に比べて復職しやすいですが、ブランクが長いと現場での仕事についていくことが難しくなります。

 

子供ができると急な発熱や風邪で休まなければならないことも多くなり、そういった時は勤務の交代を頼まざるをえません。

 

仕事と家庭の両立について悩んでいる中堅看護師は?

仕事と家庭の両立を考えている、結婚・妊娠・出産後も働きたいと考えている中堅看護師は産休・育休といった支援制度をしっかりとチェックしておきましょう。

 

育児支援は病院によって異なりますが、代表的な制度として「深夜勤の免除」「子の看護休暇」「育児時間の取得」などが挙げられます。

 

しかしどうしても難しい場合は診療所やクリニック、訪問看護ステーションで働くという選択肢もあります。

 

これらの医療機関は夜勤がなく、残業もほとんどないので育児・家事と仕事を両立しやすいです。

また産後は体調も不安定なため、日時を選べる派遣ナースとして働くという方法もあります。

看護のお仕事

派遣ならココ!(関東・関西限定

年間10万人以上の看護師に利用されている転職実績No.1の看護師求人転職サイト!転職初心者だけでなく、転職経験者の方にもおすすめ。利用者満足度97%で看護師の方だけでなく、医療機関の方からの信頼も厚く、安心!


年間利用者数が10万人以上で、実績No.1!

看護師さんの転職サポート経験が豊富なキャリアコンサルタントが在籍!

利用者満足度97%を誇る!

病院情報・求人数業界最大級!

東証一部上場企業の運営で安心!

»看護のお仕事派遣

 

中堅看護師は誰に悩みを相談しているの?

中途採用看護師悩み

様々な悩みを抱える中堅看護師。

愚痴をこぼしても問題は解決しないものの、ストレス発散のためには人に話すことも大切。

 

中堅看護師の相談相手として1/3以上を占めているのが、同じ職場の同僚です。続いて、異なる職場の同僚、家族・親戚、上司と続きます。

こういった点からも同僚との付き合いは大切といえるでしょう。

 

どうしても辛い・辞めたいと感じている中堅看護師は?

中堅看護師辛い

「もうこれ以上我慢できない!」「ストレスMax!」と感じている看護師さんは、一度プロに相談してみることをおすすめします。

 

そんなプロが在籍しているのが看護師転職サービス。転職サービスだからといって、必ずしも転職をしなければならないわけではありません

 

相談だけでもOK!もちろん無料!

 

看護師転職サービスには、これまで数々の看護師のお悩み相談にのってきた、いわば看護師お悩み相談のプロ=コンサルタントが数多くいるのが特長。

 

転職を考えていなかったとしてもとりあえず登録をして相談することで今の現状を知ることで悩みの解決がスムーズに!

 

また医療業界は常に人手不足ですが、転職市場では年齢がネックになることも多いので、少しでも悩んでいるならまずは登録をおすすめします。

 

特に「看護のお仕事」と「医療ワーカー」は看護師さんからの評判が良いため、どちらか一つは登録しておきましょう。

 

看護のお仕事

迷ったらココ!(年収アップを目指せる

コンサルタントの満足度No.1!全国対応で各地域ごとに専任のキャリアコンサルタントを配置しているので、地域ごとの特色や転職事情などの情報も豊富。また難しい給与交渉もばっちり


対応地域:全国

就業形態:常勤・日勤常勤

»看護のお仕事

 

医療ワーカー

内部情報を教えてくれる

入社後のアフターフォローが手厚いのが魅力!電話・メールだけでなく対面での相談も可能なので初めての方でも安心。また離職率や人間関係など職場の内部情報を教えてくれるため、希望の求人を見つけやすい!


看護師さんのニーズ(お給料重視、プライベート重視など)に沿った求人を紹介!

入社後のお悩みサポートなどアフターフォローが手厚い!

給与交渉・退職交渉も代行!

 転職先の残業や離職率・離職理由など内部情報も提供!

対面での相談もOK!

»医療ワーカー

 

こちらの記事もおすすめ!

»中堅看護師がモチベーション低下に対して取るべき対処法とは?

働き始めて3~5年の中堅看護師はモチベーションが下がりやすいもの。モチベーション低下に悩む看護師さんに向けた記事。

»看護師の仕事、ストレスの原因は人間関係!解決方法は○○だった!!

ストレスの原因について、徹底解説。人間関係をスムーズにするための方法も!また、「仕事が覚えられない」「セクハラ・パワハラにあっている」というお悩みへの対処法も紹介。

»スルースキルで一気にストレス解消!スルースキルを鍛える方法とは?

ついついイラッとしてしまったり、ストレスが溜まることが多い社会人の方に向けた記事。スルースキルでストレス解消を目指しましょう。

»アンガーマネジメントで怒りをコントロール!人間関係を円滑にするコツも!

職場で、学校で、家庭で、ついついイライラしてしまう。しかし怒りに任せて怒鳴ってしまっては、人間関係が壊れてしまいます。「このイライラをどうにかしたい!」という方必見!

タイトルとURLをコピーしました