看護師の夜勤はきつい!つらい!夜勤がきつい理由とは?

看護師夜勤きつい

この記事は、こんな方におすすめ!

看護師として入職したが・・・

夜勤がしんどくなってきた

つらい夜勤が楽になる方法を知りたい

ゆうた
お菓子のお家だ・・・あれもこれも食べていいの?でも最近太ってきたしなぁ~むにゃむにゃ
先生
ゆうた、そろそろ起きないと仕事に遅れるよ!
えっ、もうそんな時間?一昨日は夜勤であまり寝れなくて帰って来てすぐに寝ちゃったから、生活リズムが狂っちゃった・・・はぁ~、夜勤きついなぁ。
最近は後輩も入ってきたから余計に疲れているんだね。実は、夜勤がきついと感じている看護師さんはかなり多いんだ。
やっぱりそうなんだ!何もなければ良いんだけど、急患の時は大変だよ!
そうだよね!なかには夜勤がしんどすぎて転職する看護師さんもいるんだよ!
そうなんだ!って、あ~、遅刻しちゃう!
いってらっしゃい、気を付けてね!

看護師は夜勤をきついと感じている!

看護師夜勤きつい

看護師という仕事において、切っても切り離せないのが夜勤。

 

医療業界はクリニックや診療所などさまざまな職場があり、働き方も異なりますが、病院に勤務している限り、夜勤を避けての勤務は難しいといえます。

 

というのも、病院は入院患者の受け入れを行っており、二交代・あるいは三交代のシフト制勤務が一般的だからです。

 

「若いころはよかったけど、最近は夜勤がきつい」「体力的に限界、夜勤がしんどすぎる」と感じている看護師さんは少なくありません。

 

そんな状況にも関わらず、多くの看護師さんはきつい夜勤を我慢しながら、働いています。その最大の理由はお給料。夜勤にはいると、基本給に加えて夜勤手当が支給されます。

 

また多くの求人が夜勤必須であるため、日勤常勤を希望すると求人件数が極端に少なくなってしまうという問題もあります。

 

看護師が夜勤をきついと感じている理由とは?

看護師夜勤きつい

「夜勤はきつい」というのは看護師の世界での常識といっても過言ではありません。

しかし、看護師さんが夜勤をきつい・辛いと感じる理由は、なんでしょうか。

生活リズムの乱れ

看護師夜勤きつい

夜勤にはいると、必ずといっていいほど生活リズムが乱れます。

一般的に夜勤の次の日は休日となることが多く、ゆっくり休めると思われがちです。

 

しかし、仕事の疲れから翌日は夕方まで寝てしまうことが多く、その結果として夜に眠れなくなり、生活リズムが乱れてしまいます。

 

また食事休憩や仮眠の時間もしっかりと設けられていますが、急患がはいったり、患者さんの容態が急変した場合は休憩をとれないこともあります。

 

こういった理由から、生活リズムが乱れて疲れがたまり、「夜勤=きつい」というイメージがついてしまいます。

さらには、体調不良や自律神経の乱れからうつ病になる看護師さんも。

 

スタッフとの人間関係

看護師夜勤きつい

日勤に比べて夜勤のスタッフは少なくなっています。

そのため、苦手な看護師さんと同じシフトで夜勤にはいった場合、必然的にコミュニケーションをとらなければならなくなります。

 

ただでさえ肉体的にきつい夜勤に精神的なつらさが加わると、夜勤に対してきついというイメージをもつようになりがちです。

夜勤の業務は日勤の業務とは異なり、検温や点滴、採血や食事介助などです。

 

日勤の業務と比べると負担は大きくありませんが、相手の仕事の要領が悪いと自分の仕事に加えて相手の仕事もカバーしなければならず、一気に負担が増えてしまいます。

 

長時間の肉体労働がつらい

看護師夜勤きつい

夜勤の業務では、主に食事介助や体位交換、排せつのサポートなどを行います。

 

そのためどうしても肉体労働が主な業務となってしまい、体力的につらいです。加えて、二交代の場合は一回の勤務時間が長くなってしまうため、三交代勤務に比べて疲れやすいといわれています。

 

また緊急入院の患者さんがはいった場合などは忙しくなり、ゆっくりと休憩をとることができません。

 

仕事のプレッシャーが重い

看護師夜勤きつい

一般的にキャリアが長くなってくると管理職につくため、夜勤の回数が減って外来や日勤のみの仕事に変わっていくこともあります。

しかし、時には夜勤でリーダーを任されることも。

 

そんな時は、いつも以上に仕事にプレッシャーを感じる看護師さんが多いようです。

自分自身の担当業務に加えて、その日の夜勤業務を全体的に把握し、何かトラブルが起こった場合はすぐに対処しなければなりません。

 

また新人看護師さんと同じシフトだった場合は同時に指導も行わなければなりません。

このように仕事の責任感や負担から夜勤がきついと感じる看護師さんもいます。

 

疲れやすくなった

看護師夜勤きつい

生活リズムが崩れやすくなり、疲れがたまってしまう夜勤。

若い頃は平気で休憩がなくても問題無く働けていたのに、年齢を重ねると疲れやすくなった。

このような看護師さんは少なくありません。

 

年齢を重ねるとともにキャリアアップしていき、徐々に夜勤から離れるというケースもありますが、40代や50代での夜勤も珍しくありません。

 

しかし、若い看護師さんに比べて、徐々に体力面でハンデを感じるようになってしまいます。

 

看護師の夜勤はきついが、こうすれば楽になる

看護師夜勤しんどい

肉体的にも精神的にもハードな夜勤。しかし、少しの工夫で体調を崩さず、長く働き続けることができます。

 生活リズムを整える

看護師夜勤きつい

夜勤がきつい理由としてまず挙げられるのが、生活リズムの乱れ。

昼夜逆転の生活になってしまいがちですが、工夫次第で疲れにくくなります。

 

オススメの方法としては、夜勤の翌日に眠りすぎないことです。

特に夕方まで寝てしまうと日勤の生活リズムに戻しにくくなるので注意が必要。

 

夜勤中にしっかりと仮眠がとれ、それほど疲れていないようであれば、翌日の夜まで起きておくのも一つの方法です。

 

 しっかりと仮眠をとる

看護師夜勤きつい

「忙しすぎて、夜勤中になかなか仮眠がとれない」という状況の看護師さんもいます。

また「休憩時間はあるけど、目がさえて眠れない」という場合もあります。

 

そんな時でも、眠る努力をすることが大切です。

例えば、目をつぶって横になるだけでも脳を休めることができます。

 

どうしても夜勤がきつい時はどうすればいいの?

看護師夜勤きつい

「どうしても夜勤がきつい・つらい」と感じている看護師さんは、職場を変えてみるのも一つの方法です。

 

夜勤がない職場としては、クリニックや診療所・介護施設・病棟の外来・オペ室・訪問介護などが挙げられます。

とはいっても、夜勤なし・日勤常勤の求人は少ないのが現状です。

 

そんなときは、看護師の転職サポートを専門にしている求人サイトに登録してみましょう。

求人の紹介から面接のサポート、待遇の交渉まで全て無料で行ってくれます。

 

看護師転職サイトに登録する最大のメリットは、非公開求人を閲覧できる点です。

夜勤無しの求人は人気が高く、応募が集中するため、非公開求人として扱われていることが多くなっています。

 

そのため、夜勤無しの求人を探す場合は、まず無料登録がおすすめ

2つのサイトに登録しておくと、転職成功率が上がります

 

💡夜勤なし・高給与の求人を紹介してもらう

看護のお仕事

迷ったらココ!(年収アップを目指せる

コンサルタントの満足度No.1!全国対応で各地域ごとに専任のキャリアコンサルタントを配置しているので、地域ごとの特色や転職事情などの情報も豊富。また難しい給与交渉もばっちり


対応地域:全国

就業形態:常勤・日勤常勤

»看護のお仕事

 

医療ワーカー

内部情報を知りたいならココ

入社後のアフターフォローが手厚いのが魅力!電話・メールだけでなく対面での相談も可能なので初めての方でも安心。また離職率や人間関係など職場の内部情報を教えてくれるため、希望の求人を見つけやすい!


対応地域:全国

就業形態:常勤・非常勤

»医療ワーカー

 

こちらの記事もおすすめ!

»看護師が夜勤なしの職場で働くには?正社員・高待遇の求人の探し方!

「夜勤がしんどい」「夜勤なしの職場で働きたい」と考えている看護師さん向けの記事。夜勤なしの職場で働くメリット・デメリットから、「夜勤なし・正社員」が可能な職場まで幅広く紹介。

»看護師の夜勤明けの日勤はOK?夜勤明けの休み方と注意点を紹介!

夜勤明けの過ごし方について解説。また不規則な勤務で体調を崩さないための方法も紹介。

»看護師がクリニックへの転職を成功させる志望動機の例文を紹介!

「クリニックへの転職を考えている」「クリニックに転職する際の志望動機が知りたい」という看護師さんに向けての記事。クリニックでの働き方から、クリニックが求めている人材まで幅広く紹介しています。クリニック転職成功のコツも!

タイトルとURLをコピーしました