精神科看護師のお給料や仕事内容は?やりがいは?

看護師精神科

この記事は、こんな方におすすめ!

看護師として働いているが・・・

精神科への転職を考えている

精神科の仕事に興味があるが、仕事内容など不安を抱えている

ゆうた
先生、ちょっと教えてほしいんだけど・・・
先生
どうしたのかな?
精神科の看護師さんの仕事内容ってどんなのかなぁ?
いろいろだよ。例えば採血や注射など他の診療科と同じ仕事もある一方で、患者さんとのコミュニケーションが多いなど異なる部分もあるよ!
なるほど、もっと詳しく知りたいなぁ!
じゃあ、今日は精神科の看護師さんの仕事内容やキャリアについて見ていこう。

 

こちらの記事もおすすめ!

»看護師さんにとってきつい科とは?実際に聞いてみた!

「看護師がきつい科」について、「きついと感じる科」と「きついと感じる理由」を聞いてみました。「楽だと感じる科」と異なり、意外にも・・・

»看護師さんにとって楽な科とは?実際に聞いてみた!

「看護師が楽な科」について、「楽だと感じる科」と「楽だと感じる理由」を聞いてみました。看護師によって楽だと感じる科は異なりますが、やはり・・・

»看護師のモチベーション維持は難しい?やる気を出す方法とは?

モチベーションが下がった看護師さんがやる気を出す方法を解説。「失敗ばかりしている」「自分の意見が反映されない」などで悩んでいる方にモチベーションの上げ方を紹介。

»専門看護師になるには?最短で資格取得を目指す方法!

専門看護師とは?役割や活躍できる専門看護分野・資格取得の流れについて。最短で資格を取得できる方法も紹介。

»看護師が夜勤なしの職場で働くには?正社員・高待遇の求人の探し方!

「夜勤がしんどい」「夜勤なしの職場で働きたい」と考えている看護師さん向けの記事。夜勤なしの職場で働くメリット・デメリットから、「夜勤なし・正社員」が可能な職場まで幅広く紹介。

 

精神科で働く看護師の仕事とは?

看護師精神科

「精神科」は「内科」や「外科」と違って一般の人には、あまり馴染みのない診療科目かもしれません。

 

しかしブラック企業やサービス残業が問題になっている昨今では精神科に通院している人も珍しくないため、精神科で働く看護師の需要は増えているといえます。

 

またそれと同時に「一人ひとりの患者さんとじっくり向き合いたい」「夜勤や残業が少ない職場で働きたい」という理由から精神科への転職を希望する看護師さんも増えています。

 

ここでは、精神科で働く看護師さんの仕事内容について見ていきましょう。

 

精神科で扱う病気とは?

看護師精神科

精神科とは、精神疾患を診断された患者が精神科医療を受けられる診療科で、「神経科」や「心療内科」なども含まれます。

 

精神科で扱う病気は様々な種類がありますが、主なものは下記の通りです。

【精神科で扱う病気】

・統合失調症

・うつ病、躁うつ病

・認知症

・アルコール依存症

・適応障害

・強迫神経症・パニック障害

精神科は同じ病気でも一人ひとり症状が異なるため、ケアする側はしっかりとしたコミュニケーションが重要です。

 

精神科で働く看護師の仕事内容とは?

精神科が内科や外科、その他の診療科と異なるのは医療行為が少ない点です。

もちろん、注射や採血、点滴などがありますが他の科目と比較すると、圧倒的に少ないといえます。

 

その理由として、精神科は投薬を基本とした治療が多いことが挙げられます。そのため、薬の知識や投薬方法などについては深い知識が必要です。

 

また緊急手術や急変などもほとんどなく、一人ひとりの患者さんとじっくり向き合えます

一方で自活できない入院患者に対しては、入浴介助や食事介助、髭剃りなども行います。

 

精神科に向いている看護師とは?

看護師精神科

精神科は他の診療科目と異なり医療行為が少ない一方で、コミュニケーションが大切になってきます

 

患者さんの中には上手く症状を伝えられない方もおり、また些細な一言で傷ついてしまうこともあるので、患者さんとしっかりとした信頼関係を築くことが大切です。

 

一度失ってしまった信頼を取り戻すことは難しく、最悪の場合は口を閉ざしてしまうということもあるので、患者さんの気持ちに寄り添いながら言葉をかけることが求められます。

 

そういった点では「患者を興奮させないような穏やかな人」や「忍耐強く温かく見守り続けられる人」が精神科看護師に向いているといえます。

 

また、「昨日とは少し様子が違う」「今日はちょっと体調が悪そうだな」などほんの些細な違いにも気づく観察力も必要とされます。

 

精神科はチーム医療

チーム医療が叫ばれて久しくどの診療科目でも必要ですが、特に精神科は医師や薬剤師のほか臨床心理士や栄養士、作業療法士など様々な職種と密に連携をとりながら治療に当たっていきます。

 

患者さんの治療には入退院や既往歴、地域での生活など他の情報共有が大切になってくるため、ここでもコミュニケーションが必要だといえます。

 

夜勤の負担が少ない精神科

看護師精神科

夜勤は一見すると穏やかなイメージがありますが急患や急変が起こることも多く、そんな時は少ない夜勤スタッフで対処しなければなりません。

 

また慌ただしく休憩や睡眠が十分にとれないケースもあり、生活リズムの乱れから体調不良を訴える看護師さんもいます。

 

病棟勤務の場合は精神科でも夜勤がありますが、たとえ夜勤中でも急患が運び込まれてくるといったことはほとんどなく、比較的穏やかです。そのため食事休憩や睡眠もとりやすいのが特徴です。

 

精神科は男性看護師も活躍中!

少しずつ男性看護師の数が増えてきて活躍の場も広がってきましたが、まだまだ男性の看護師は少ないのが現状です。

しかし精神科では他の診療科目と比べて男性看護師の割合が多いのが特徴です。

 

精神科では妄想や幻覚・幻聴などによって暴れる患者さんがおり、どうしても女性だけでは対処できない場面があります。

そのような場面で男性看護師が必要とされます。

 

一般的に看護師の職場ではまだまだ女性が多いため、女性特有の人間関係に疲れてしまった看護師さんにもおすすめの職場です

 

精神科でもお給料はばっちり

看護師精神科

夜勤がないクリニックで働く場合や夜勤があっても負担が少ない場合、「お給料が減ってしまうのではないか」と心配に。

 

もちろん病院の規模や夜勤の有無によって異なるので一概にはいえませんが、その他の診療科目と変わらないといえるでしょう。

 

また精神科の場合は暴れたり暴言を吐く患者さんがいることから「危険手当」が支給されるのが特徴です。

 

精神科看護師のお悩みとは?

精神科看護師

「夜勤がなくて負担が少ないから」「注射や採血、点滴などの医療行為が苦手だから」といった理由で精神科に転職する看護師さんも少なくありません。

しかし、精神科で働く看護師さんには精神科ならではの悩みを抱えています。

 

暴言や暴力

精神科に通院している患者さんはちょっとした言動で傷つきやすい方も多く、特に幻想や幻聴で入院している患者さんは症状が重篤です。

 

時には暴言をはかれたり、暴力を振るわれたりすることもあります。同じ精神科といっても病院かクリニックかによって異なりますし、急性期病棟か慢性期病棟かによっても違ってきます。

 

スキルアップが難しい

看護師精神科

精神科は医療行為が少なく、採血や注射などが苦手な看護師さんにとっては嬉しい反面、スキルアップが難しいという側面があります。

 

精神科でキャリアアップを目指す場合は、「精神専門看護師」や「精神科認定看護師」の資格取得がおすすめです。

 

もちろん取得までには労力がかかり、働きながらの学習は容易ではありません。また簡単にとれる資格ではないだけにやりがいは十分ですし、活躍の場も広がります。

 

ここでは精神看護専門看護師の仕事について解説していきます。

【精神看護専門看護師とは】

精神看護のエキスパートであり、社会ニーズの変化や精神保健医療福祉の動向をつかみながら精神療法や認知療法などの中で看護に適切な技術を用いて対象者に対して卓越した看護援助をする能力をもち、社会に提言できる精神看護の専門家。

 

【精神看護専門看護師の役割】

相談、調整、直接ケア、教育、研究といった方法で、心の病や健康に対するケアの向上を図る。具体的には患者や医療者の悩みを聞いたり相談にのるほか、他の職種と連携して必要な技術や知識を提供する。

 

【精神看護専門看護師の活動】

直接ケア・面接
・リラクゼーション
・心理教育
倫理調整・患者または医療者間の関係調整
・ケアの際の葛藤やジレンマの解消
相談・看護師からのケアの悩みを聞く
・管理者とスタッフへの
メンタルサポート
教育・研修の講師
・直接ケアを行いケアのモデルを示す
調整・カンファレンスでの意見調整
・患者が求める専門職の紹介
研究・看護師の研究活動へのアドバイス
・研究結果を実践で活用する方法の提示

(「看護の仕事がわかる本」より参照)

 

専門看護師の資格取得については、以下を参照してください。

»専門看護師になるには?最短で資格取得を目指す方法!

専門看護師とは?役割や活躍できる専門看護分野・資格取得の流れについて。最短で資格を取得できる方法も紹介。

 

精神科看護師のやりがいは?

看護師精神科

精神科で働く看護師は「しんどい」「辛い」と感じる反面、やりがいもたくさんあります。

ここでは精神科看護師のやりがいについて紹介していきます。

 

患者さんとのコミュニケーション

精神科で働く看護師さんのやりがいの一つは、患者さん一人ひとりとじっくり時間をかけてコミュニケーションをとれる点です。

 

7:1看護の病院や慢性期・療養病棟をもつ病院はその他の病院に比べて時間の余裕がありますが、注射や採血、点滴に体温測定などでなかなか患者さんとゆっくり話す機会がありません。

 

特に大学病院などの総合病院は急患や重篤な患者さんが多く、「気づいたら退院していた」ということも多いです。

 

一方で精神科で働く看護師さんはコミュニケーションが一つの仕事といっても過言ではありません。

 

精神科は投薬治療が中心となりますが、完治・寛解して社会生活に戻れるようになるまでには時間がかかります。

 

そして治療の過程の中で過去の辛い体験などで苦しむ患者さんの気持ちに寄り添って肯定的に話を聞いていきます。

 

長い治療の末に患者さんが社会復帰し、「ありがとう」と言われた時の喜びは、ひとしおです。

 

また患者さんが回復する力になっているという実感をもてるのも、精神科で働くうえでのやりがいといえます。

 

精神科の仕事、病院とクリニックはどう違う?

看護師精神科

いざ、「精神科で働こう」「精神科に転職しよう」と考えた時、様々な選択肢があります。

病院で働くか、クリニックで働くかによって同じ精神科でも大きな違いがあります。

 

精神科を標榜する病院で働く場合

病院で働く場合は他の診療科目と同様に夜勤があります。

大学病院や総合病院の精神科に加えて、個人が開業した病院でも病床がある場合は夜勤があると考えておきましょう。

 

しかし先ほども紹介したとおり、精神科の夜勤は比較的負担が少ないといえます。

また一口に病院といっても規模も違えば、病棟によっても働き方が異なります。

〇急性期病棟

命の危険や重篤な症状をもつ患者が多い

〇慢性期病棟

慢性的な症状をもつ患者が多い

 

急性期病棟は慢性期病棟に比べて症状が重い患者さんが入院しており、放射線科などと同様に危険手当が支給されます。

 

病院で働くメリットとしては、福利厚生が整っていることが多く、大学院への留学や資格取得に対して補助金の支給などバックアップ体制が整っている点が挙げられます。

 

勉強会や研修会も積極的に行っているため、専門看護師や認定看護師などスキルアップを図りたいと考えている看護師さんは精神科を標榜する病院で働くことがおすすめです。

 

精神科を標榜するクリニックで働く場合

精神科を標榜するクリニックは個人で開業したケースがほとんどで、入院の設備がなく、したがって夜勤もありません。

 

仕事も採血や問診が多く負担が少ないほか、症状が軽い患者さんが多いです。また、初診の患者さんが多いのも特徴といえます。

 

以前ほど精神科に対する偏見は少なくなりましたが、やはり精神科を訪れることへの敷居は依然として高く、日常生活でストレスを感じて精神科を訪れる場合も、クリニックを選ぶ方が多いです。

 

夜勤や残業がないため、「家事や子育てとお仕事を両立させたい」「プライベートを充実させたい」と考えている看護師さんにはクリニックがおすすめです。

 

クリニックで働くデメリットとしては、やはり看護技術の維持でしょう。ただでさえ医療行為が少ない精神科ですがクリニックは初診の患者さんも多く、採血などの機会も少ないといえます。

»看護師がクリニックへの転職を成功させる志望動機の例文を紹介!

「クリニックへの転職を考えている」「クリニックに転職する際の志望動機が知りたい」という看護師さんに向けての記事。クリニックでの働き方から、クリニックが求めている人材まで幅広く紹介しています。クリニック転職成功のコツも!

 


「精神科の仕事内容」や「精神科からの転職」「精神科でのキャリアアップ」について不安を抱えている場合は、まずコンサルタントに相談してみましょう

 

「看護のお仕事」と「医療ワーカー」は経験豊富なコンサルタントが在籍しており、適切なアドバイスをもらえるのでおすすめです。

 

一人で悩まずに、まずは気軽に相談してみましょう!

看護のお仕事

迷ったらココ!(年収アップを目指せる

コンサルタントの満足度No.1!全国対応で各地域ごとに専任のキャリアコンサルタントを配置しているので、地域ごとの特色や転職事情などの情報も豊富。また難しい給与交渉もばっちり


対応地域:全国

就業形態:常勤・日勤常勤

»看護のお仕事

 

医療ワーカー

内部情報を知りたいならココ

入社後のアフターフォローが手厚いのが魅力!電話・メールだけでなく対面での相談も可能なので初めての方でも安心。また離職率や人間関係など職場の内部情報を教えてくれるため、希望の求人を見つけやすい!


対応地域:全国

就業形態:常勤・非常勤

»医療ワーカー

タイトルとURLをコピーしました