50代の看護師の再就職はどうすればいい?ブランクを克服する方法!

50代看護師ブランク

この記事は、こんな方におすすめ!

50代で再就職・復帰(復職)を希望しているが・・・

長いブランクがある

再就職(復職)の方法が分からない

ゆうた
先生、50代の看護師さんの再就職って、ブランクがあるとやっぱり難しいのかなぁ?
先生
どうしたんだい、急に?
職場の先輩が子育てを終えてブランクから復帰したいみたいなんだけど、どうすればいいか分からなくて悩んでるんだ。どうにかならないかなぁ?
そうだね。じゃあ、今日は、50代の看護師さんの再就職について教えるよ!

 

50代の看護師は、どんな働き方をしているの?

50代看護師ブランク

「子育ても終わったし、そろそろ仕事に復帰しようかな?」

 

「少しの間、介護で仕事から離れていたけど、そろそろ再就職したいな!」

 

このように考える看護師さんは、少なくありません。

 

一般的に、長年働いている同世代のスタッフは、いまや主任や看護師長になっているバリバリ働いているケースと、趣味や家庭と両立しながらマイペースに働いているケースがあります。

 

50代の看護師さんの働き方については、こちらが参考になります。

 

再就職の前に!ブランクがある50代の看護師が行っておくべき対策とは?

50代看護師ブランク

 

年代を問わず、長い間仕事から離れていると、やはり薬や機器の扱いなど忘れてしまうもの。

 

特に医療分野は刻一刻と進歩しているため、ブランクが長ければ長いほど勘を取り戻すのが難しくなってしまいます。

 

また加齢により、若い頃と比べてどうしても記憶力・判断力は衰えてしまいます。

 

そのため、ブランクがあり、職場復帰を希望している50代の看護師さんはしっかりと事前準備を行っておく必要があります

 

以下は、「復帰後の看護師さんが、休暇中にやっておけばよかった」と考えている項目です。

その中でも「50代でブランクが長い看護師さんの再就職」に役立ちそうなものを抜粋しました。

仕事を離れている間に職場復帰に向けてやっておけばよかった・・・

① 技術面の勉強

② 病院などの情報収集

③ 職歴の整理

④ 資格の勉強

技術面の勉強

50代看護師ブランク

医療業界はほかの業界と比較して進歩が速く、1年ブランクが空いただけでも、それを取り戻すのは容易ではありません。

 

新しい薬から始まり、医療機器の取り扱い方、患者さんへの接遇など挙げればきりがありません。

 

対策としては、「看護学校時代の教科書を読み直す」、「院内勉強会に参加させてもらう」という方法があります。

 

病院などの情報収集

50代看護師ブランク

ブランクが長いと、どうしても不安が大きくなってしまいます。少しでも不安を軽減し、再就職をスムーズに進めるために予め医療機関の情報収集を行っておきましょう。

 

この時にポイントとなるのは、広く浅く情報を集めることです。

 

というのも希望する医療機関が求人を出しているとは限らず、またたとえ求人募集があっても採用されるとは限りません。

 

特に50代でブランクがあると再就職は厳しいというのが現実です。

 

しかし情報収集を行っているうちに、「復職者へのサポートが整っている病院」など思いがけず役立つ情報が見つかるかもしれません。

 

職歴の整理

50代看護師ブランク

ブランクが長いほど、これまでの仕事について思い出しにくくなります。そうなる前に、できるだけ職歴を整理しておきましょう

 

その中でも「自分自身が取り組んで結果を残したこと」「職場で壁にぶつかった時の対処法」などを具体的なエピソードと共に盛り込んでおくと良いでしょう。

 

また子育てや介護の経験を仕事と繋げてアピールするのも一つの手です。

逆に技術面はどうしても情報が古くなってしまいがちですので、アピールは控えめに。

 

資格の勉強

50代看護師ブランク

一見すると仕事に関係がないように思えますが、ケアマネージャーなど医療関係の資格は思わぬところで役に立つことがあります。

 

実際に、「職場から遠のいた時に取得した資格のおかげでブランクがあっても再就職できた」という方もいらっしゃいます。

50代に限らず、ブランクからの再就職にはいろいろ準備が必要なんだね!
先生
そうだよ!しっかりと準備を行っておけば、再就職してからもスムーズに働くことができるんだ!

 

50代の看護師がブランクから再就職する際におすすめの職場とは?

50代看護師ブランク

 

職場と一口にいっても、大規模な総合病院から個人経営のクリニックまで様々です。

 

規模が大きい病院などは教育制度が整っていますが、その分スタッフの数が多いため、どうしても一人ひとりへ目が行き届きにくくなりがりです。

 

特にブランクが長い場合は経験があるため新卒者と一緒に指導を受けるわけにもいきません。そうかといって転職者と同様の指導ではついていくのが難しいでしょう。

 

そこで、できるだけ同世代・ブランクがあるスタッフが働いている小規模な病院・クリニックがおすすめです。

 

例えばデイサービス・介護施設などは同年代が多く、比較的働きやすいです。

50代の看護師さんが無理なく働くことができる職場には、以下のような種類があります。

クリニックや診療所注射や採血など基本的な看護技術が必要とされるが、急患などがほとんどない。
療養型病院比較的症状が落ち着いた患者さんが多く、一人ひとりの患者さんとじっくり向き合うことができる。
健診センター健康診断など住民の健康を維持するサポートを行うため、難しい看護技術は必要とされない。
訪問看護床ずれの処置や痛み止めの薬の調節といった業務があり、比較的自分のペースで仕事を進めることができる。
デイサービス入浴や食事の提供、日常生活の世話やレクリエーションなども実施する。健康管理に加えて機能訓練も行う。

50代の看護師さんが無理なく働くことができる職場を紹介してもらう

医療ワーカー

 

また勤務形態として、最初から常勤で夜勤もこなすとなると、体力的に厳しくなってしまいます。そのため、最初はパートなどで少しずつ体を慣らしていくのがよいでしょう。

 

医療業界は常に人材不足。看護師さんも例外ではありません。

しかし、ブランクが長い50代の看護師さんが職場を見つけるのは容易ではありません。

 

そういった面からも介護サービスやそれに関連する求人を中心に探していくのがよいといえます。

 

しかし、これまでの職歴を整理しながら、病院の情報も集めて、家事もこなして・・・となるといくら時間があっても足りません。

 

また全て自力で行おうとするとどうしても効率が悪くなり、どれもおろそかになってしまいます。

 

そこで看護師転職サービスの出番です。転職サービスを利用すると、「履歴書の添削・面接の練習」「医療機関との交渉」など様々なサポートを無料で受けることができます

 

転職サイト利用者の中には、「興味がない求人を紹介された」「無理矢理転職をすすめられた」との声があります。

 

しかし看護師転職サイトを利用すると「離職率や職場の人間関係」など実際に働いてみないと分からない情報を教えてくれるほか「履歴書の添削や面接の練習」も行ってくれます。

 

以下の転職サイトは親身に相談にのってくれるほか、興味のない求人を無理矢理すすめられることもないため、おすすめです。

医療ワーカー

内部情報を教えてくれる

入社後のアフターフォローが手厚いのが魅力!電話・メールだけでなく対面での相談も可能なので初めての方でも安心。また離職率や人間関係など職場の内部情報を教えてくれるため、希望の求人を見つけやすい!


看護師さんのニーズ(お給料重視、プライベート重視など)に沿った求人を紹介!

入社後のお悩みサポートなどアフターフォローが手厚い!

給与交渉・退職交渉も代行!

 転職先の残業や離職率・離職理由など内部情報も提供!

対面での相談もOK!

»医療ワーカー

 

50代の看護師がブランクから再就職した後、職場で気を付けること!

50代看護師ブランク

無事に新しい職場も決まり、いよいよ復帰の日が近づいてきました。

おそらく「楽しみ半分、不安半分」ではないでしょうか。

 

しかし、1日も早く職場になれてスムーズに仕事を進めるために、ブランクが長い50代の看護師さんだからこそ気を付けるべき点があります。

 

年下の先輩への対応

先輩が自分より年下というのは珍しくありませんが、特にブランクが長いとそのようなケースが多くなってきます。

 

最初のうちは教わることが多く、ミスをすれば注意されることもあるでしょう。時には仕事が忙しいゆえに怒鳴られることもあるかもしれません。しかしそんな時の対応こそ、腕の見せ所です。

 

まずは教えてもらっているのだから、謙虚な姿勢を忘れないこと。そして、自分の意見はしっかり述べること。

 

「以心伝心」という言葉がありますが、職場では通用しません。特に年齢が離れていればなおさらです。

 

感情的になったり、「昔はこうだった!」などというのは控えましょう。問題が大きくなる前に主任や師長に相談するのも一つの方法です。

 

スタッフとのコミュニケーション

就業中に限らず、できるだけ積極的にスタッフとのコミュニケーションをとりましょう。

特に指導してくれるスタッフとは綿密に。

 

そうすることで、「あの人は、普段から言葉がきつい」「あの人は冗談が多い」などスタッフの特徴が分かり、ちょっとした一言で悩むことも少なくなるでしょう。

 

またコミュニケーションをとることでプリセプターも指導しやすくなり、仕事がスムーズに進みます。

 

こちらの記事もおすすめ!

»50代看護師でも夜勤を続けられるの?夜勤なしでも高収入は可能?

50代看護師の夜勤や働き方について。「体力面で夜勤は辛くなってきた」「高収入・夜勤なしの職場で働きたい」と考えている50代看護師さんへおすすめの記事。

»50代看護師の働き方とは?就職先はどこがいい?

50代看護師が転職を成功させるための方法と転職するうえでの注意点について。50代ならではの職場の選び方も。

»40代看護師の再就職って難しいの?注意点とは?

「結婚や出産を機に退職したけど、もう一度看護師として働いてみたい!」と考えている40代の看護師さんの再就職について。40代で再就職するにあたっての注意点や働きやすい職場を紹介。

»看護師の復帰が怖い!ブランク看護師が再就職で注意すべきことは?

ブランクがあり、再就職に不安を抱えている看護師さんにおすすめの記事!「子育てや家事と両立できるかわからない」「ブランクが長く・スキルが衰えている」などの悩みに対する解決方法も!

タイトルとURLをコピーしました