看護師1年目の辛さを乗り越えるためには?先輩が実践した方法とは?

看護師1年目

この記事は、こんな方におすすめ!

看護師として働き始めて1年目だが・・・

仕事で怒られてばかりで、落ち込んでいる

自分の時間がもてず、転職しようかどうか悩んでいる

ゆうた
うぅ、暑い・・・
先生
本当に、夏真っ盛りだね!そういえば、そろそろ新人看護師さんも入職して半年経って仕事に慣れてくる頃じゃないかな?
・・・うん。
元気がないね。夏バテかな?
実は、1年目の看護師さんがお昼休みに皆で「辞めたいなぁ・・・」って話してるのを偶然聞いちゃったんだ・・・
それでちょっと落ち込んでいるんだね。ゆうたも1年目の頃は毎日のように悩んでいたのが懐かしいなぁ!
そうだっけ💦
特に1年目は覚えることが多いうえに慣れない夜勤も重なって疲れやすいんだ!1年目で悩んでいる看護師さんは、ぜひこの記事を参考にしてみてね!

看護師1年目は辛い!こんなはずじゃなかったのに・・・

看護学校の頃から一生懸命勉強してレポートや課題・実習もこなし、無事に国家試験も受かって晴れて憧れの看護師に!

 

「こんな看護師さんになりたい!」と誰もが胸に希望を抱いていますが、看護師になってからも覚えることが多く、毎日が勉強の連続。

 

おまけにプリセプターの先輩にも怒られ、1年目で「もう辞めたい!」と感じる看護師さんも。

☑「人間関係がうまくいかない」

☑「プリセプターやリーダーが厳しく、なかなか仕事を覚えられない」

☑「とにかく業務が忙しすぎる」

など、一人ひとり様々な悩みを抱えています。

 

看護師1年目は仕事ができないのが当たり前?

「何度注意されても、どこかで失敗してしまう」、「なかなか仕事を覚えられず、同期と比べて劣等感を抱いてしまう」など、やはり1年目の看護師さんにとって仕事の悩みはつきません。

 

実際に現場で働き始めた1年目の看護師さんからは以下のような悩みが寄せられています。

私は看護師1年目で、現在入職してから4か月が経っています。
他の同期は仕事にも慣れてきて1人でできることが増えてきていますが、私は覚えるペースが遅く、先輩たちにも迷惑をかけています。

(参考:Yahoo!知恵袋

 

看護師1年目です
わたしは要領が悪く、すべての行動が遅いです。仕事の覚えも悪いです。

(参考:Yahoo!知恵袋

しかし、看護師の仕事は覚えることが多く、1年目からてきぱきと仕事を進められる看護師さんは少ないようです。

実際に先輩方もかつては似たようなことで悩んでいたという事実も!

今くらいの時期はみんなあなたのように焦る時期だと思います。
私も「もう半年たったのに全然仕事できない!」と焦っていましたが、
一人の先輩に
「まだ半年だよ?もう先輩たちみたいに仕事出来るようになったら私たちの立場ないじゃん(笑)私たちあんたの何倍も働いてんだから(笑)」
みたいなことを言われ、その一言で気が楽になりました。
今はゆっくりでもひとつひとつ確実に覚えていけばいいと思います。

(参考:Yahoo!知恵袋

 

要領の良い1年目ってなかなかいませんよ。稀に居る程度なんで心配しないで下さい。

(参考:Yahoo!知恵袋

 

看護師1年目、辞めたいと思った時の対処法!

看護師1年目

どんな仕事でも長く続けていれば、必ず辞めたいと思う時ができています。

まして1年目で仕事が上手くいかないと感じているならなおさらです。

 

「こんな思いをするくらなら、いっそ転職しよう!」と転職活動に励むのも一つの方法ですが、1年目の看護師さんは知識・技術ともに未熟で経験も浅いため、なかなか難しいのが現状です。

 

また昨今の医療現場は人手不足が深刻であるため、新卒でない場合は即戦力とみなされ十分な教育・指導を受けられない可能性もあります。

まずは今の職場で頑張って仕事を続けることを考えてみましょう。

 

では「もう少し頑張ってみる!」と決意した場合、ストレスや不安にどのように対処すればよいのでしょうか。

 

以下では看護師の先輩方が取り組んできた方法をいくつか紹介します。

 

1年目で辛い時の対処法=仕事に一生懸命取り組む

当たり前のことですが、まずは一生懸命に仕事に取り組みましょう。

 

「先輩の指示や注意、指導の際はしっかりとメモをとる」「翌日の復習を習慣づける」などはもちろんですが、1年目は不慣れなこともあり頭では分かっていても失敗してしまうことも。

 

そんなときは、失敗したことに対して落ち込むよりも、「次はこうしよう!」と対策を立てることをおすすめします。

 

また、普段からその日の体調や仕事について記録をつけておくのも有効です。そして記録を定期的に見返すことで失敗しやすい手技や状況、自身の癖などが分かります。

 

さらに失敗に対しての解決策や対処法を記録しておくのも良いかもしれません。

 

1年目で辛い時の対処法=先輩への報告はきっちりと

看護師1年目

看護師に限らず、どんな職場でも「報告・連絡・相談」、いわゆる「報・連・相」は大切です。

しかし看護師の仕事は忙しく、一瞬の判断間違いが命にかかわる場面が多いのも事実。

 

そのため「これくらいはいいんじゃないか」「これは重要ではないだろう」と自分自身で判断をしがちです。

 

また1年目は失敗することが多く、そのたびに先輩看護師に怒られるのでミスを隠しがちに。

そんな時は、看護師になった理由を思い出してみましょう。

 

「1人でも多くの患者さんの力になりたい」「入院時にお世話になった看護師さんに憧れた」など理由は様々ですが、そうすることによってモチベーションや目標が明確になりやすいというメリットがあります。

 

1年目で辛い時の対処法=目標を立てる

看護師の仕事を続けていくうえでは、1年目に限らずしっかりと目標を立てることはモチベーションを保つ上で大切です。

 

また目標がはっきりすると自分が今やるべきことが分かりやすいというメリットもあります。

 

目標を立てる際は、自分自身が本当に頑張りたいことや改善したいことに焦点を当てましょう。特に1年目の看護師さんの場合はプリセプターと一緒に目標を立てるケースなどもあるので、先輩看護師に相談してみることもおすすめです。

 

目標を立てた後は、いつまでに、どのようにして目標を達成するのかを考えておくことも大切です。

 

さらに長期的な目標と短期的な目標の2つを立てることが理想。そうすることで、日々の仕事への姿勢も変わってきます。

 

1年目で辛い時の対処法=仕事の振り返りを行う

看護師の仕事は休日や仕事のあとも勉強会・研修などがあり、休む暇もなく日々の仕事に忙殺されやすい傾向にあります。

 

1年目はもちろんのこと、入職して数年は仕事を覚えることに必死になって振り返りを疎かにしがちです。

 

しかし、1カ月・半年・1年など様々な節目で仕事を振り返ることにより、同じような失敗を防げるだけでなく、「以前はできなかったけど、今はできる!」など自信にもつながります。

 

また後輩を指導する際にもその経験が役に立ちます。

 

悩みを相談された時に、「私も同じことで悩んでいたけど、こうやって乗り越えたよ」とアドバイスをしてあげることで、信頼関係を築けるというメリットもあります。

 

1年目で辛い時の対処法=メリハリをつける

看護師1年目

一生懸命に仕事に取り組むことはもちろん大切ですが、メリハリをつけることも同様に大切です。

 

「休日は勉強しない」「夜勤の翌日は家でゆっくりと過ごす」など自分なりのルールを作って仕事に向き合うことが長続きさせるコツです。

 

もちろん急患や急変で予定が崩れてしまったり、試験前などどうしても睡眠時間を削らなければならない場合もあります。

 

しかしオン・オフを明確にして十分な睡眠・休息をとることで集中力がアップするほか、ミスも少なくなるという利点も!

1年目だからこそ、しっかりと自分のペースをつくりましょう。

 

1年目で辛い時の対処法=人間関係は思い切って割り切る

看護師の世界は女性が多く、したがって人間関係で悩む人が多いのも事実です。

そんな時は、「どうして私だけが・・・」「私に何か原因があるのだろうか・・・」などと考えてしまいがちです。

 

もちろん自分自身をかえりみて反省することは大切ですが、理不尽な指示や指導・陰口などは割り切ってしまうのが一番!

 

特に人間、忙しい時はイライラしがち。「まぁ、こんなこともあるさ」「あの人は怒りやすい人だから仕方ない」と割り切ることで、人間関係のストレスが激減します。

 

同時に愚痴や相談を言い合える同僚・先輩をもっておくことも大切です。何かあった時に親身に話を聞いてくれる相手をもつことは、例え悩みが解決しなくても心の安定につながります。

 

看護師1年目でどうしても辞めたい場合は?

看護師1年目

「いろいろ試してみたけれど、もう辞めたい」「これ以上仕事を続けらない」、そんな時は転職を考えるのも1つの方法です。

 

ただし上述した通り、1年目の場合は転職先で十分な指導を受けにくい傾向にあります。

 

そのため、中途採用の看護師さんにも教育担当者がついてしっかりと指導してくれる病院がおすすめです。

 

同時に転職後のキャリアについてもしっかりと考えておきましょう。看護師は一般的に転職回数が多い傾向にありますが、短期間での離職や度重なる転職はやはりイメージが良くありません。

 

そんな時は看護師さん専用の転職サイトに相談してみましょう。

 

「看護のお仕事」と「医療ワーカー」は経験豊富なコンサルタントが在籍しており、適切なアドバイスをもらえるのでおすすめです。

看護のお仕事

迷ったらココ!(年収アップを目指せる

コンサルタントの満足度No.1!全国対応で各地域ごとに専任のキャリアコンサルタントを配置しているので、地域ごとの特色や転職事情などの情報も豊富。また難しい給与交渉もばっちり


対応地域:全国

就業形態:常勤・日勤常勤

»看護のお仕事

 

医療ワーカー

内部情報を知りたいならココ

入社後のアフターフォローが手厚いのが魅力!電話・メールだけでなく対面での相談も可能なので初めての方でも安心。また離職率や人間関係など職場の内部情報を教えてくれるため、希望の求人を見つけやすい!


対応地域:全国

就業形態:常勤・非常勤

»医療ワーカー

 

こちらの記事もおすすめ!

»看護師の夜勤明けの日勤はOK?夜勤明けの休み方と注意点を紹介!

夜勤明けの過ごし方について解説。また不規則な勤務で体調を崩さないための方法も紹介。

»先輩看護師が怖い!性格がきつい看護師への対処方法とは?

先輩看護師からのいじめに悩む看護師さんへ。先輩看護師への対応方法や体験談も。

»新人看護師が辞めたい理由は?辛い時の対処法!

辞めたいと考えている新人看護師さんへ。辛い時の対処法も!「プリセプターとの相性が悪い」「体調を崩しやすくなった」、「お給料が安い」などのお悩みと解決策について。新人看護師さんならではの転職先の探し方も掲載。

タイトルとURLをコピーしました