看護師さんにとってきつい科とは?実際に聞いてみた!

看護師きつい科

先生
今回は、前回に引き続いて「科」についてアンケートをやってみたよ!
ゆうた
今回はどんなインタビューなの?
先生
今回は、「看護師さんがきついと感じる科」がテーマだよ!
確かに、きついと感じることは多いなぁ。あれも、これも、あっ、そういえば昨日も・・・
・・・。じゃあ、さっそく見ていこう。

 

アンケート概要

内容:看護師がきついと感じる科について

調査実施日:2017年12月17日

調査方法:インターネット調査

対象者:看護師

人数:26人

実施者看護師の転職冒険記

 

看護師がきついと感じる科について、実際に看護師さんに聞いてみました。

では、早速みていきましょう。

目次

看護師がきついと感じる科について【アンケート調査結果】

※以下の()は、(ペンネーム/性別/年齢/住所/科目または病棟)です。

腎臓内科はきつい!

腎臓内科です。

 

特に透析患者様はとても個性的な方が多く、また、長期透析患者様は経験が長いだけにスタッフは下に見られがちで、対応に苦慮します

 

糖尿病性腎症の方は指導を行っても暖簾に腕押しになってしまうことも多く、徒労感だけが残ります。

(くりり/女性/36/長野県長野市/循環器内科)

 

呼吸器科は死亡に立ち会う回数が多く、きつい科目!

呼吸器です。

 

こちらはあきらかに死亡に立ち会う回数が多いからです。

 

後は高齢者が多数を占めていて、廃用症候群と言われる方も多く、ケアが多いからです。呼吸器をつけているかたの割合も圧倒的です。後循環器も同じくらい多いですね。

itumi/男性/40/埼玉県川越市/循環器)

 

肝臓内科は精神的にきつい!

膵臓内科

 

膵臓癌は、非常に見つけにくい臓器であり、発覚した時点で、転移してたり、末期の可能性が高く、その予後は悪い

 

早い方は週単位でADLが変化し寝たきりに。一般病院では、疼痛コントロールが難しく、癌性疼痛で身動ぐ方も多く、精神的に辛くなる時もある。

nico/女性/33/福岡県福岡市西区/ホスピス)

 

ICUや救命救急病棟は常に緊張!

ICUや救命救急病棟は、状況判断や迅速で正確な判断が求められる点で、常に気を張っていなければならず辛そうだというイメージがあります。

 

また、様々な疾患を理解しなければならないと言う点でも大変だと思います。

みーちょこ/女性/34/北海道札幌市手稲区/脳神経外科)

 

精神科は、精神的な疲労がきつい!

精神科だと私は思います。

 

さまざま介護をしながら目に見えない病気とも向き合う為、重労働の中精神的なストレスもたまりやすいように感じます。肉体的な疲労よりもやはり精神的な疲労の方が本当に辛いですね!

三松さとみ/女性/39/京都府京都市伏見区/透析)

看護師きつい科

心が休まる暇がない救急病棟はきついのでは?

辛いと感じる科目は救急病棟だと思います。

1分1秒を争う患者さん相手に医師とともに処置に動き回り、ときには助けることができず亡くなる姿を目の当たりにし、回復していく過程では会話もできない患者さん相手に日々看護業務を展開していかなければなりません。

 

多くの知識を必要とし常に学習が必要で心休まる時間が少ないように感じます。

みな/女性/30/京都府木津川市/小児科)

 

小児科はきついというより大変!

辛い、というよりは大変さの度合いが大きいのが小児科だと思います。

 

病院自体を嫌がる子も多く、診察室では大泣きされ、問診をするだけでもかなりの時間を要するので必要以上に体力を使うため

 

また、こちらはマスク着用ですが、マスクを嫌がる子供が多いので流行性の病気をもらう可能性が大きいので。

むーみんはは/女性/34/京都府/小児科)

 

消化器内科は精神的にきつい!

末期癌の消化器内科の患者様は、もう手術で助かることはありません。症状への緩和的な療法をしながら、死ぬまでの間を過ごすのです。

 

その苦しみが看護師側にも伝わることが多々あり、精神的にマイナスなダメージを受けてしまうことが多いのがつらいです。

みいこ/女性/30/和歌山県和歌山市/消化器内科(末期癌担当))

 

精神科は患者さんへの関りがきつい!

精神科は辛いと感じます。

 

精神科病棟で勤務していますが、拒薬への対応や暴力の予防、操作性があったり認知の歪みがあったりする患者さんへの関わり等ストレスが多いと感じています。

 

無事に退院しても家では拒薬を続けてしまい、症状が再燃して再入院を繰り返す患者さんもいるため、看護の虚しさを感じることが多々あります。

 

退院後も訪問看護やデイケアで継続フォローすることで再入院率は減少していますが、ベースに知的障害等があると病気の自覚をしてもらうのが難しいため、精神科は辛いと思う時があります

(みかんもち/女性/29/和歌山県岩出市/精神科)

 

残業が多いと科は体力的にもきつい!

内科。

少子高齢化もあると思いますが、入院されるほとんどの方が高齢。合併症を起こすことも多く、入院期間が長くなるため、ADLが落ちて自宅退院が困難になることもあります。

 

なので、オムツ交換や吸引といった看護処置に加え、看護師が離床もさせなければならない。体力的にも大変ですし、残業も一番多かった科でした。

(かんかん/女性/25/東京都渋谷区/整形外科)

看護師きつい科

対象が子供なので、小児科はつらい!

小児科

対象が子供なので、どんな病気でも受け入れることが大変で、感情移入してしまう。

 

命に関わる病気になった際など、検査だけも苦痛を伴うことを多く、注射をするにも痛みを伴うため、見ていて心が苦しくなる

 

亡くなってしまった時の両親の落胆を見るとかける言葉が見つからない。

(ふみふみ/女性/53/大阪府寝屋川市/内科)

 

内科・皮膚科・泌尿器科ともにきついポイントがある!

内科については、疾患や検査項目も多いので幅広い知識が必要となります。

患者様の最初の訴え、兆候が最も重要であり、また看護師が携わるため、多くの判断材料が必要となります。これは教科書上のものだけでなく経験が必要です。

 

 

皮膚科については、慢性的な経過をたどる患者様も多いです。

皮膚科の病気は比較的早い治癒を期待される患者様が多い為、メンタル面のケアは意外と重要です。また、覚える薬剤名が多いです。

 

 

泌尿器科については、デリケートな分野であることもあり、関わりが難しいことがあります。

羞恥心から看護師には一切訴えられない患者様もいらっしゃるので、細かい配慮が必要だが、治療として必要なこともあるので、そのバランスが難しいなと感じます。

(キキ/女性/37/福岡県大牟田市/内科・皮膚科・泌尿器科

 

患者さんの羞恥心を考えると整形外科もきつい!

整形外科

 

骨折などは若い人でも突然、受傷してしまうことがあります。

 

その場合、動静の制限により個人で排尿などを済ませたいと思っていても、受傷数日の間はベッド上安静のため尿管を入れさせていただきます

 

多くの人が年配の人に施されるケアと感じているため、羞恥心を伴う処置ですので、それを患者本人よりも若い自分が処置する場合、相手の気持ちを思うと辛いと感じます。

(みりみり/女性/29/北海道札幌市中央区/整形外科

 

心臓血管外科は患者さんを見ていて、きついと感じる!

辛いと感じるのは心臓血管外科です。

定例手術で術前検査をしていたとしても、人工呼吸器を装着したまま帰室する患者さんがほとんどであり、さらに心臓の手術及び人工心肺による生体侵襲で状態が安定しづらいからです。

 

また、呼吸器を離脱して食事を摂取しているような患者さんでも、突然心破裂などを起こすことがある為、心臓血管外科の患者さんを受け持つ際は常に気を張っています

(ぼん/女性/29/岐阜県岐阜市/救命救急

 

体力的にきついと感じるのは整形外科!

整形外科は体力的にはつらいのではないかなぁと思います

 

療養上の世話を行う上で制限が多く、患者の年齢層も幅が広いため、体力を重要とするのではないかと思います。

 

また、高齢者の骨折も多くあるだろうと思います。そのため、術後の急変のリスクなど高い印象です。

(はなはな/女性/35/福岡県糟屋郡/救命救急

看護師きつい科

医療療養型病床群は家族が嫌がるのを見るのがきつい!

医療療養型病床群

その理由:退院して在宅医療に切り替えられるのに、家族が嫌がるのを目の当たりにしなくてはなりません

 

たまに面会に来て「綺麗にしてもらってない」「状態が悪い」など文句を言って帰ります。家族の不機嫌やクレームの対応がなんとも不愉快です。

(ゆうちん/女性/50/広島市安佐北区

 

科よりも人間関係がきつい!

辛いと感じる科は特にありません。

スタッフ間の人間関係に気を使います。

 

スタッフ間の人間関係がうまくいかない職場ほど、苦痛を感じる職場はありません

どんなに忙しくても、どんなに体力使っても、人間関係がうまくいっていれば、どんな仕事も楽しく遣り甲斐のあるものだと私は思います。

(youko/女性/52/徳島県吉野川市

 

ホスピスは精神的にきつい科目!

精神的に辛い科目はホスピスなどの終末期の患者様の看護かと思います。
急変もあれば、ゆっくり息をひきとる患者様もいます。

 

しかし終末期の感情様への看護は精神的なサポートや患者様の家族への精神的サポートが大半を占めて来ると思います。

 

頭痛コントロールも難しいですが、精神的看護は患者様が息を引き取りるまで続きます。
自分自信の精神面も強くもっていないと一緒に落ち込んだり、悲しんだりと辛い思いも沢山してしまいます

 

実際私自身もたくさんの終末期の患者様を看取り辛い経験をたくさんしてきました。

(Paschal/女性/37/海外在住(山口県出身))

 

精神的なきつさがある産婦人科!

とてもつらいと感じた科目は産婦人科でした。

 

産気づいて病院にこられる方がいつ、何人来るのかと言うことがまったく読めないことがほとんどでした(予定日に合わせてある程度想定することはできるが、何日の何時に何人入院して来ると言う具体的な患者数がよめないことがほとんであった為)。

 

また、新生児に問題があったりする場合、看護する側も心のサポートを心がけますが、重苦しい空気に包まれることが多く、精神的な辛さもありました

(わんぱくナース/女性/43/山口県防府市/ICU)

 

循環器科はきつい、辛い!

循環器内科が辛い、最も面倒くさい科の一つであります。

 

 

循環器内科では心電図が読めることが重要となりますが当方は全く読めません。最近少しずつ心電図がわかるようになってきましたがそれでも心臓が止まっている。

 

 

生きているの判別しかできません。

(agtk/男性/43/京都府綴喜郡井手町/神経内科)

看護師きつい科

ICUやCCUなど超急性期病棟は忙しく厳しい!

ICUやCCU、救命センターなど超急性期病棟

 

毎日の患者さんの入れ替わりが激しく、情報収集が大変です。

 

人工呼吸器やモニターなどの機械に囲まれ、常に緊張感のある職場です。先輩看護師や医師も厳しい人が多いです。

 

しかしチーム1丸となって命を救う場面はとてもやりがいを感じます

(F・K/女性/35/山梨県甲府市/訪問看護)

 

患者様の自殺などは精神的にきつい!

精神科閉鎖病棟

 

突発的な悪性症候郡により死亡、又は安定したとの判断で外泊中に自殺により亡くなった時は、無力感と看護師に成ったことを悔やんだ

 

 

病院で幸福な死に向き合えることはほとんどありえない。認知症患者さんと意思疎通を図ることは難しい。

 

 

相手の人間としての尊厳を守りながら看護することは、技術以上の精神的な深さと、感受性が要求される。何よりも忍耐力が要求される。自己の人間性の真価を問われていると感じる。

(エニグマ/男性/62/福岡市中央区梅光園)

 

循環器内科は精密機械が多く、神経を使うところがきつい!

循環器内科は投与する薬剤の種類が多く、またシリンジポンプ、輸液ポンプ、Aライン、人工呼吸器・・

 

精密機械をたくさん使ってのケアになるので本当に細やかな観察が必要で神経を使いました

(アイビー/女性/36/北海道札幌市/消化器内科)

 

プチドクターが多く、急変リスクが高い循環器科はきつい!

循環器は急変するリスクも高く3年半働いて居ましたが、毎勤務緊張の連続でした。

 

特に冬になると重症化し、心筋梗塞直後の心臓リハビリが怖かったです。

また看護師も他の病棟と比べてプチドクターが多く、特に病態を重視する先輩も多かったと思います。

(ぽん/女性/27/神奈川県川崎市/療養病棟)

 

神経をつかう手術室勤務は体力面もきつい!

科目というか、手術室勤務は大変だと思います

命ととなり合わせであり、執刀医の手術が円滑に行えるよう瞬時に次は何の器材を渡すか判断しなければならないし、集中力と長時間に及ぶ手術には神経を使います。

 

立ちっぱなしで長時間に及ぶ手術では足がしびれて、立っていることもままならないこともありますし、それでも目をはなしてはならないし、忍耐力が必要ですので、手術室は大変だと思います。

(narechan/女性/37/福岡県みやま市/神経内科・心療内科)

看護師きつい科

心身ともに負担が多い脳神経外科と循環器は辛い!

脳神経外科と循環器は辛い科目だと思います

 

最大の理由は生死に直結する現場だからです。

 

急変も日常茶飯事ですし、高齢者が多いために事故も起こりやすく気が抜けない状況が続きます。

 

また、そういう現場では看護師も日々妥協せず勉強に励むことが求められます。

 

スキルアップを望むスタッフにとっては最適な仕事場ですが、心身ともに相応の覚悟をもって望む必要があります

(たんたん/女性/26/埼玉県本庄市/内科)

 

看護師のきつい科についてのまとめ

看護師さんが楽だと感じる科」についても以前アンケートを行いましたが、同じ科について楽だと感じる傾向にありました。

 

一方で「きつい・辛いと感じる科」は上記のアンケートよりも看護師さん一人ひとりの意見が違っていました。

 

どのようなことを「きつい・辛い」と感じるかは個人によって異なりますが、大きく分けると精神面・肉体面でのきつさになります。

 

現在の職場や科がきついと感じている看護師さんは、以下の記事も参考にしてください

 

こちらの記事もおすすめ!

»看護師さんにとって楽な科とは?実際に聞いてみた!

「看護師が楽な科」について、「楽だと感じる科」と「楽だと感じる理由」を聞いてみました。看護師によって楽だと感じる科は異なりますが、やはり・・・

»看護師が夜勤なしの職場で働くには?正社員・高待遇の求人の探し方!

「夜勤がしんどい」「夜勤なしの職場で働きたい」と考えている看護師さん向けの記事。夜勤なしの職場で働くメリット・デメリットから、「夜勤なし・正社員」が可能な職場まで幅広く紹介。

»看護師が実際に受けた意外なクレームとは?

看護師が実際に働いている中で受けたクレームを調査してみました。多くの看護師さんは何らかの形でクレームを受けたことがあるようです。

»【看護師アンケート】看護師向いてないと感じた瞬間は?転職する、しない?

看護師として働いていると、一度は「私って看護師に向いてないんじゃないかなぁ・・・」と感じた瞬間があったのではないでしょうか。ではそんな時、ほかの看護師さんはどのように対応したのか?看護師の本音に迫ってみました。

»看護師は辛い、辞めたい!そんな時の意外な対処法とは?

夜勤や度重なる残業、煩わしい人間関係から「辞めたい」と感じている看護師さんに向けた記事。意外な対処法についても紹介。

»看護師あるある(夜勤や恋愛ネタなど)!

看護師あるあるについて、実際に看護師さんに聞いてみました。新人の頃の失敗から夜勤でのあるある、さらに恋愛まで様々な「あるある」が投稿されています。

タイトルとURLをコピーしました